スペイン在住なでしこホペイロのブログ

バルセロナのサッカーチームで活動する女性ホペイロの日々を記録しています。

お父さん、お母さんへ

ちょっと今の気持ちを記しておきたくなったので、こっちのブログでこっそり綴っておこうと思います。

 

この記事がいろんな人に読まれることは望んでいません。

ただ何があるかわからない世の中。

なおさら海外にいるわたしはどんな事件や出来事に巻き込まれても、おかしくないのかもしれません。

 

もしそうなったときに、たとえ急に命が絶たれたとしても、

自分の気持ちが大切な人に伝わればいいなと思っています。

 

だからこのブログを通じて、インターネット上にひっそりと残しておこうかと。

気持ちとか想いは鮮度があるので、時間が経つと密度が薄れてしまったり消えたりしてしまうもの。

想ったことはすぐに何かに残しておきたい!だからここに綴っておきます。

 

 

お父さん、お母さんへ

昨日はクリスマスで、今日26日はカタルーニャ地方の祝日。

この2日間は家族みんなで家でご飯を食べながらお祝いする日。

 

昨日のクリスマスはスペインのパパことQuimetの家族や親戚と一緒に、コース料理かのようなお昼ご飯をみんなで食べて、わいわいお酒飲んだりしたよ。

お母さんに写真送ったやつね。

Quimetのお母さんの手料理で、スペインの伝統料理をたらふく食べた。

 

そのあとは少し離れた場所にある別荘のようなお家に行って、クリスマスツリーの飾り付けとかしたんよ。

 

そして今日、朝から山にハイキングに行って、お昼ご飯を別荘で家族親戚揃って食べた。

お腹がはちきれるぐらい食べて飲んで、そのあとはみんなでゆったり映画見て。

のんびりした一日やった。

 

わたしが言いたかったこと、それは今とっても幸せですっていうこと。

LINEでお母さんに少し話したけど。

ひとりでスペインにやってきて、誰も知らない土地で。

スペインの素敵な家族に囲まれて、娘のようにみんな扱ってくれて、貴重な体験もいっぱいして。こんな贅沢なことないなあって思う。

 

わたしは本当に運を持ってると思う。

こんな素敵な人たちに恵まれて、つくづく幸せだと思う。

 

お母さんにそのことを言ったら、「あなたの人柄のおかげかもしれないよ」って言ってたね。

たとえわたしの人柄が影響していたとしても、それは本当にお父さんお母さんの遺伝子のおかげだと思っているし、こうゆう人柄に育ててくれたお父さんお母さんのおかげだと思ってる。

 

だから本当に感謝してもしきれない。

わたしはお父さんお母さんの子に産まれて本当に幸せだし、ふたりの子であることに誇りを持ってます。

 

スペインで生きてて、いろんな人に優しくしてもらって。

いろんな人が「人当たりのいい子だ」とか「あなたは素敵な心を持ってるね」とか言ってくれるんよ。「可愛い」なんてこともたくさん言ってもらったよ。

ついさっきQuimetもそう言ってくれた。

彼は誰にでも優しくするわけでないし、いろんな人に全てを話しているわけでもないって。でもわたしにはなぜか信頼を持てるし、娘のように扱いたくなるし、何かあったときは助けたくなるって。

それがなぜかは、はっきりとわからない。でもそれはあなたが素敵な心を持っているのがわかるからだって。

 

こんなことを言ってもらえるって、本当に幸せなことだよね。

それもこれもお父さんお母さんのおかげ。

大事に育ててくれて本当に本当にありがとう。

 

家族を置いてけぼりにして海外に暮らしてて、近くにいてあげられなくて、人生の大事な時間を共有できなくて、心配もかけて、、本当にごめんね。

親不孝な娘でごめんね。

 

それなのに温かい器の大きな心でわたしを見守ってくれて、本当にありがとう。

お父さんお母さんの存在は、わたしにとって心の支えです。

何か辛いことがあったときは、ときどきお父さんお母さんのことを想い出して安心できたりします。

連絡頻度は少ないかもしれないけど、いつも想っています。

本当にありがとう。

これからもずっと長生きしてね。

ふたりが健康でいることが、わたしの何よりの願いです。

 

 

 

 

お父さんお母さんよりも先に亡くなるなんていう親不孝をするつもりは全くないけど、もし何かあったときは、、この記事をお父さんお母さんが見つけてくれますように。